千の刃濤、桃花染の皇姫 感想

 ネタバレ無し。プレイ時間は24時間でした。
 オーガスト作品はこれで10本目。『穢翼のユースティア』と『大図書館の羊飼い』のファンディスクが未プレイです。昔はオーガスト信者だったので、初期作からやってますね。
 ちなみに直近では4年前に『大図書館の羊飼い』をプレイ済みです。

 あらすじとか各ルートとか、説明は省いて手短に。
 ざっくり言ってしまうと、良さよりも粗さが目立った作品でした。前半の学園ものと、後半の歴史ものっぽさがどうもこう……ミスマッチな感じが否めません。ルート分岐が基本、階段方式なので最後までプレイしないと核心部分については一切開示されないので、批評空間風に言うとオールクリアに価値ありの作品だった……というのは別段構わないんですが、いわゆるグランドルート以外の個別ヒロインルートの締め方、あれをやるくらいなら完全に1ルートに絞ったほうが良かったんじゃないかなと思いました。やはりこの作品で描かれていた戦争や政治、歴史といった題材については、書き手の力量に本当に左右されるなぁと率直に感じましたね。戦闘シーンの演出は、今までのオーガスト作品と比べると中々の出来でしたが、あくまで今までのオーガスト作品と比べると、というレベルです。
 グラフィックに関して。べっかんこうだけではない原画陣で、ただそれにしてもどうも違って見えるCGが多かったのもあまりいい印象がないですね。安定感がなく、結構なマイナスポイントです。対して音楽はサントラが欲しいくらいには良かったと思います。エロゲーでは聴く機会が少なめな印象の、和のテイストが好きですね。

 たとえば『大図書館の羊飼い』は、減点法でいくと限りなく100点に近い作品になってしまう、あとは好みの問題という評価で、それまでのオーガスト作品とはわりあい打って変わって手堅さが相当に良かった記憶があるんですけども、こちらは意欲作ではあるけれどもどうもそれまでに留まっているかなあと。
 いわゆる萌えだけじゃない、流血、血しぶき、残酷な描写などかつての作品と比べるとそういう要素は多いけど、ベースとなる部分は昔の傾向のまま抜け出せておらず、でも違ったこともやるんだという意識は先行していて、実際に蓋を開けてみてみたら「あれ、意外にそうでもない?」とでも言いましょうか。まだ途上にある作品でした。
 はてさて今後のオーガストやいかに。*1

  • OHP

千の刃濤、桃花染の皇姫


*1:そのうちユースティアもやらんとなぁ。

ノラと皇女と野良猫ハート 感想

 プレイ終了したので、感想を書きました。ネタバレなしです。

 まず、HARUKAZEというエロゲーメーカーの作品は初でした。ライター、絵師も初見。プレイ時間は19時間。ゲーム内でプレイ時間を計測してくれる機能がありました。

 話なんですが、異世界からヒロインがやってきて――という感じ。頭狂ってるんじゃないかこれってレベルのギャグをかまされるので、必見かと思います。

 各ルートですが、異世界キャラクターがその世界に馴染むまでの過程をまざまざと見せられる、という話はわりあい新鮮でした。とりわけパトリシアルートではそれが顕著で、価値観のシフトが次第に行われていく様、その過程で世界を鮮やかになっていき、心のなかにハートが芽生えてくる展開はなかなかに秀逸だったかと。
 黒木未知ルート。キスをすると猫になってしまう現象がパトリシアの魔法から離れて、想いが相手を変えてしまうところから、自分のかつて苦い過去からの脱却と、共通ルートであった告白の台詞がまさかこんなにも印象的に活きてくるとは……といった印象です。
 シャチルート。主人公とシャチ、そして二人の母親の過去から今へと続く関係を「気持ちが天気に現れる」という要素で表現したルートでしたね。家族でもなく、兄弟姉妹でもなく、一人の女の子として好きという告白シーンが印象深い。
 ユウキルート。自分が大切な人たちと一緒にいる居場所を守ろうとしたときに、大切な人たちが「それでいいじゃないか、守りたかったんだろ」と言ってくれるこの関係性、いわゆるアウトローな過去があるユウキというキャラが本当に周りに大事にされているんだなというところが実に良かったです。

 総じて、どのルートでもキャラクターの描き方が素敵な良作でした。まさしく「絶対キミと添い遂げる、臆病で勇敢なブレイブハートストーリー」だったかと思います。
 キャラクターの、キャラクターに対する想いと行動がとてもマッチしていて、単純なシチュエーションに留まっていないところが好みですね。


金色ラブリッチェ 感想

 全ルート+追加エピローグ+Extraまで見たんで、ぼちぼち感想をば。
 プレイ時間は31時間。下記、ネタバレありです。

 プレイ前の状況としては、
SAGA PLANETS作品は『花咲ワークスプリング!』のみプレイ済み。
・本作のライター・さかき傘の作品は、FLATの『ひこうき雲の向こう側』をプレイ済み。
 です。

 庶民である主人公が、ある出来事からお坊ちゃん・お嬢様学校に通うことになって――という話。学園生活におけるキャラクター同士の掛け合いは小気味よく、読んでいて楽しいものとなっています。
 最初から主人公にはかつて苦い過去があるという描写があるので、それを解決することで一定程度のカタルシスを得る感じなんだろうというのは序盤である程度想像がつきました。
 シルヴィア、玲奈、エル、茜ルートでは、各ヒロインの境遇や立場に合わせたストーリーが、「金色」「ゴールデンタイム」といった要素と絡んで進みます。ここまでは、まぁよくある学園モノ萌えゲーといったところでした。まぁそこそこ良く出来ているかな? 特別不満があるわけでもないというのが正直な評価。唯一違和感を覚えるとしたら、どのルートでも理亜というキャラクターが何かしら主人公と接点を持つ部分だったわけで……。

 そして、上記4人のヒロインルートが終わると、スタート画面に追加される「GOLDEN TIME」。ここからが本作の真骨頂、理亜ルートでありいわばグランドルート。主人公がファンであるマリア・ビショップという歌手と、理亜が同一人物だというのは、他のルートで明かされているので、ここまで読み進めているプレイヤーとしては周知の事実なわけですが、

・過去に主人公がシルヴィア、理亜と会っている、理亜以外の4人のルートで、主人公はその事実のキーポイントを概ね忘れている。しかし、シルヴィアは最初は鮮明に覚えている。
・理亜は金髪ショート、マリアは黒髪ロング。ここまで分かっているプレイヤー(もとい僕自身)は「もちろんウィッグなんだろう、金髪ショートだから黒髪ロングのウィッグなら隠せそうだし」と思う。

 他に忘れている要素があるかもしれませんが、この2点がプレイヤーにとってのヒントで、理亜ルートがいったいどういうストーリーなのかということ関しては実際に他の4人のルートでは一切情報が開示されず、だからこそ理亜の本当の姿については唖然としました。
 ルート終盤あたりではもう結末の予想がつくというか、実に王道な終わり方でしたが、何と言っても理亜の生き様でしょう。カッコいいということはかくあるべし、この一言に尽きます。


金色ラブリッチェ

金色ラブリッチェ

2018年1-2月の新作プレイ予定

  • 1月

 ありません。

  • 雑感

 大体毎月何かしら、少なくとも抜きゲー1作品であってもやりたいのがあるもんですが、今月は何もないですね。準新作、旧作あたりをプレイします。
 2月はお待ちかね、ランスシリーズ最終作と、おとぼく3です。前者について、つい先ほど公式のPVを見ましたが、実に楽しみですね。
 後者ですが、まさか3まであるとは思ってもいなかったので嬉しいです。とは言うものの、実は未だに2を1ルートもクリアできていなかったりするんで、近いうちにやらないといけないなといったところです。

月姫 感想

 プレイ終了しましたので、いつも通り取り留めのない感想です。ネタバレはありません。


○プレイ前の状況
 型月作品は、『Fate/stay night』をプレイしたのみ。ちなみにFateは大傑作の評価でした。


○雑感
 プレイ時間はおよそ40時間。全体的には良作でした。
 個別で行くと、翡翠ルートは超傑作。主人公・遠野志貴の過去、メイド姉妹の関係、遠野家の真実、それらが絡み合った先にあるあの結末は素晴らしいものがあった。
 翡翠ルートだけエッチシーンにおいて3回戦までやるの、まさに淫乱メイドといったところである(メガネクイッ
 正直言ってそれ以外のルートはそこまででも……と思った。だいたいどのルートも終わり方が完全無欠のハッピーエンド! ではないあたりが、時代を感じさせるし、伝奇ものだなあと。先にプレイした『Fate/stay night』よりも伝奇色は強いように感じた。

 個人的には、序盤、中盤が予想していたよりもあまり盛り上がらず、終盤でグッとくる印象でした。ラストはどのルートもそこそこいいです。その中でも翡翠ルートだけは突出してます。
 シナリオライター奈須きのこのテキストですが、リーダビリティ(読みやすさ)はこちらのほうが上だなあとも思いました。そんなに癖がない。
 バトルシーンの演出、CG、BGMの豊かさについては、圧倒的に後年の『Fate/stay night』に軍配が上がります。いやまぁ00年代初頭の同人ゲームという観点からいけば破格の出来だとは思いますが。

 あと、本作も間違いなく主人公『遠野志貴』のお話ですね。疑う余地がありません。とりわけ翡翠ルートの 「9/折紙。」冒頭の独白がまぁ全てですね。

 『月姫』ロゴのフォント、いわゆる金文体だと思われますが、ほかにエロゲーで使われているのだと、近年のPurple softwareの作品が思い浮かびます。(未来ノスタルジアハピメアシリーズ)


○まとめ
 伝奇ものの良作といったところでしょうか。後年の『Fate/stay night』には劣りますが、ルートによっては相当光るものがあり、中々のエロゲー体験だったと思います。


○製品Link
 OHP-月箱


○余談-プレイ環境について
 僕のプレイ環境はWindow 8.1(64bit)です。
 当然、製品対応OSではないので、インストールまでしか行えず、起動しようとしてもエラーメッセージが出ますが、以下のページを参考に対処しました。

  • d3drm.dll がない

 http://phyllotaxis.hatenablog.com/entry/2015/04/29/114008

 これ、2年くらい前にCIRCUSの水夏(初代CD-ROM版)をやろうとしたときも同じ状況に陥って、同様の対処をして回避したことがあります。若干手順は違いましたが、同パソコンです。*1

 参考までに、いわゆる「BGMをCDから直接読み込む古いゲームで、ディスクレスで遊びたい」場合に使えそうなツールがありましたんで、そちらも貼っておきます。

  • _inmm.dllのホームページ

 http://www.geocities.co.jp/Playtown-Domino/8282/

 また、本作品はいわゆるCDからBGMを読み込むタイプのゲームなんですが、僕の環境ですとBGMがループしなかったので、以下の方法でディスクレス、BGMループ不可を回避しました。

 http://homerareru.blogspot.jp/2016/05/cd.html

 上記URLのページに書いてあることを実施して、何かあっても自己責任で……よろしくお願いします。

年始のご挨拶

 新年、明けましておめでとうございます。
 旧年中は大変お世話になりました。

 さて、年始の挨拶記事で目標を書くこと自体久しぶりなんですが、挙げてみたいと思います。

 まぁこの一点に尽きますね。オタク活動自体の波が激しく、モチベーションの上がり下がりによってはエロゲーを全くやらなくなったり、ガッツリはまったりしていて……16年、17年と新作をほぼやっていませんでした。ある種のスランプでしたが、先日クリアした『Fate/stay night』以降、現時点ではモチベーションが高いので、頑張ろうかなと。
 今年は新作と旧作をバランス良く消化していければなと思います。

 あとプライベートのことについては、明るい話を多分ご報告できそうです。ちなみに結婚ではありません。
 本年も「りんごはおかずだよ」もといk-pを、よろしくお願いいたします。

年末のご挨拶

 はてダを書き始めて数年になりますが、今年は最も記事更新が少なかった年となりました。
 来年はもう少し、いろいろと本気を出したいと思います。
 本年はありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。 k-p